スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レミニセンス 体験版

レミニセンス体験版終わりました。

おもしろくてついつい一気に読んでしまいました。

相変わらず面白い文章でした。

ギャグ要素のある選択肢も変わらず出てきます。

この主人公は文官系で頭が良い印象を受ける。

相手の言葉遣いや内容でそこにどのような思惑があるか何を意味しているかを感じ取り

汲み取って行動に移すことが出来るタイプ。デキる男ってところでしょうかね。

武力も多少あるようでケンカばかりしていた片桐兄の攻撃を避けカウンター入れるほど。

主人公が知力を使って色々と行動して実を結ぶのを見ているのはワクワクするし楽しい。

しかしこの主人公極度の精神病である。現在は克服してきているようだが

時折そのトラウマを発症して錯乱する描写がある。

暁の護衛をやったことのある私は主人公最強ゲーが好きですし

暁の護衛に出てきたユウキや倉屋敷が出てくるのは嬉しいというか面白いというか。

体験版の最後ではカプセルに入っている人を主人公が見つける。

その子の名前は絆なんだろう。

この絆も暁の護衛の海斗の子供であってるのかどうかが気になるところ。


そして、私が気になってるのは主人公とその妹・秋に過去に何があったのか。

兄妹であるのにこの二人は会話がないというか互いに干渉しようとしていない。

上辺だけの関係というか熱出したときの面倒を見るのにお前の体調は関係ないとか

お前のことがわからんとかお互いに一線を置いている感じです。

その割には平日の朝食は一緒に食べるルールがある。だけど会話はない。

なかなか複雑な過去があるようだ。

たびたび出てくるこの兄妹の姉も重要な関係があると思う。

この姉、主人公が発症した際に幻覚として出てくるほどである。

妹も精神にダメージがあるのではないかと思うほど病んでる気がします。

兄が夢であった特務官になって頑張っているのに、兄が挫折して臨時教師で燻っているのを見てるのが楽しくて幸せだったとか。

家にいるアンドロイドに兄を殺してとお願いしたら殺してくれるのかと聞いてみたり。

過去に何があったのかすごく気になる。

この兄妹の会話は暗い過去や相手に必要以上に関わらない感じが出ていて非常に見るに堪えない。



先ほど特務官という単語を出しましたが、この世界では誰もが憧れる職業のようです。

外交官みたいな感じなのかな?と考えたりしてます。

主人公はコネで特務官になったようなものなので職場での同僚との関係は最悪です。

狭き門をくぐるために努力してきて特務官になったのにいきなりコネ入社がきたら当然な気がしますが

あまりにも職場での扱いがひどすぎる。特に磯部とかいうやつ。

何ムキになってんのかなと思う。主人公がすることは何でも否定してきそうなやつです。

頭が堅い特務官の方々と柔軟な思考の主人公は合わないだろうと思います。

一方的に主人公が煙たがられているだけですがね。

この関係がどのように変化していくかも楽しみですね。


だらだら長くなって何を言いたいのかわからなくなっていますが、続きを読みたくなる作品ですね。

キャラのデザインも悪くないし、たまにギャグも入っているけどシナリオも面白い。

これは予約です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

霜山さん

Author:霜山さん
主にPCゲームのことについて書いていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
バナーとか
『LOVESICK PUPPIES』を応援しています!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。